もうだめだ50歳超えました。本当にお金がない。

本当にお金がありません。困っています、いや困り続けてきました。特にこの5年間は自分で会社を経営してみましたが完璧に行き詰っている初老の男の愚痴です。恐縮です。すいません。毎日辛いです。

MENU

漫画で救われた気持ち


絶望的貧困

少し前の話しになります。


漫画で素晴らしいものがありましたので書かせていただきます。

心が楽になりました。

その中の特に気に入った文章を携帯に入れておいていつでも読めるようにしてあります。

不安に押しつぶされそうになったときにそれを読むと落ち着きが取り戻せる気がします。

それはジョージ秋山先生のはぐれ雲の第1006話です。
幸福療法本というタイトルでした。

ほとんどのページははぐれ雲の息子である新之助の通う塾の先生が本を読んでいるシーンです。

その本に感化された先生が自分自身を見つめなおすシーンの連続です。


その本の内容が心に染みました。

「死んでから人生を考えてみればどうでもよかったのである」

この一文から始ります。


心が痛くなったり辛さに負けそうになったときに一度読まれてみてはいかがでしょうか?


人生が軽くなります。

長く続いているはぐれ雲にはいくつも良い話があります。

人さらいに連れて行かれた息子を探す母親が長旅の末に最後まで母を心配しながら亡くなった息子の墓の前にたどり着く話などは何回も涙しながら読みました。


心の奥底に響いてくるような話がいくつもあります。

最近では一番私を助けてくれたように思えます。


私は人間の業を描くはぐれ雲が大好きです。

浮浪雲(はぐれぐも) 107 (ビッグコミックス)

浮浪雲(はぐれぐも) 107 (ビッグコミックス)