もうだめだ50歳超えました。本当にお金がない。

本当にお金がありません。困っています、いや困り続けてきました。特にこの5年間は自分で会社を経営してみましたが完璧に行き詰っている初老の男の愚痴です。恐縮です。すいません。毎日辛いです。

MENU

老人化する体と仕事とお金


絶望的貧困

ギックリ腰です。




なにが辛いかといって、夜中に起きてトイレに行くときです。




布団の中で、なんとか我慢できないものかと数分悩みますが結局あきらめて起き上がります。





トイレで用をたし、立つのが一苦労。






で・・・






普段気にもとめていない、トイレの手すりのありがたみを痛感します。




小のときも、この手すりがなかったら用をたせません。


f:id:spike5555:20160609005143j:plain




体が元気なときはまったく考えてもいなかった問題とこれから向き合うことになるんでしょうね。



バリアフリーなどは人事でしかありませんでした。




この体ではアルバイトもままなりません。




貧困老人一直線です。